東京、渋谷の会計事務所が教える「そもそも助成金とは?」

会計事務所節税や各種税務に関することだけでなく、助成金に関する悩みもご相談いただけます。助成金は、企業活動で必須といえる「資金調達」において大変役立つ制度となっているため、経営者様はぜひその概要を押さえておきましょう。ここでは、東京・渋谷の会計事務所が「助成金とは何か?」についてご説明いたします。

助成金はどんなもの?

助成金はどんなもの?

助成金とは、国や地方公共団体から支給される補助的な役割を持つお金のことです。助成金を受けるためには、助成金制度を行っている国・地方公共団体に申請を行い、審査に通らなければなりません。

審査においては、当該助成金を受けるに該当するかが審査され、条件に合致している限り支給されます。

なお、助成金は全て後払いとなっているため、資金調達の手段として考えるよりも、資金調達を補助する制度といえます。

具体的にどんな制度があるか

主な助成金として挙げられるのが「従業員に関する助成金」です。具体的には、高年齢者や障害者、母子家庭の母など就職が困難な方を対象とした助成金や、職場環境の改善・従業員の能力開発における助成金などが挙げられます。

このように、経営における特定の事情に合わせて利用できる助成金が多々ございますので、日頃からどのような助成金制度があるのかチェックしておきましょう。

助成金チェックをこまめに行う理由

助成金チェックをこまめに行う理由

助成金制度はこまめにチェックしておくのが望ましいのですが、これは「募集期間が短い」という理由があるからです。制度によりますが、中には1ヶ月しか募集期間を設けていない制度があります。
募集期間が短い制度を見逃さないためにも、日頃から厚生労働省や中小企業振興公社のホームページをチェックし、自社の状況に合った制度がないか確認しておきましょう。

なお、制度によっては「二次募集」「三次募集」が行われるため、万が一見逃してしまった制度があっても、利用できる可能性があります。

東京で節税対策や助成金制度に強い会計事務所をお探しなら、渋谷区にある当事務所へご相談ください。当事務所では、会計事務所として確定申告のサポートを行っているほか、助成金の申請支援や資金繰り補助、節税対策のコンサルティングを行っております。税務申告や節税対策、助成金のことを会計事務所へ相談したいとお考えなら、まずはお問い合わせください。