個人事業主も法人も意外と知らない?確定申告のこと

確定申告という言葉を耳にしたことがあるものの、その内容を明確に把握している方は少ないです。特に、細かい規定については意外と知られていない部分が多いため、ここでは、確定申告の基本的な内容を紹介すると共に、よくある疑問についてお応えいたします。

個人事業主も法人も意外と知らない?確定申告のこと

確定申告とはどんなもの?

確定申告とは、1月1日から12月31日までの1年間の所得に応じて税額を計算し、翌年の2月16日から3月15日までの間に納付することをいいます(※土日の関係で期限が前後することがあります)。
当然ながら、期限内に申告・納付をしなければならず、期限後の申告・納付においては、一部の例外を除いて「無申告加算税」というペナルティが課せられます。

確実に期限内に終えるためには、日頃から確定申告に向けて準備しておくことが大切です。なお、予め税理士事務所に相談しておくことも、確定申告の準備のひとつといえます。

会社員に確定申告は必要ない?

会社に属しているサラリーマンは、会社の年末調整によって確定申告が不要とされています。しかし、副業等により二箇所以上から所得を得ている場合は、一部の例外を除いて確定申告が必要となります。また、マイホーム購入時にも確定申告を考えなければなりません。
この場合における確定申告は義務ではありませんが、「住宅ローンによる所得税控除」を受けるためには、マイホームを購入した年に確定申告を行う必要があります。

以上のことから、一般的に会社員は確定申告を必要としませんが、一定の事情がある場合には、確定申告が必要になるといえます。

納付が難しい場合の対処法

所得税の確定申告においては、通常、提出期限と同日に全額を納付しなければなりません。当然ながら、所得税は現金で一括に納める必要があるため、予め納税資金を用意する必要があります。もし、一度で納付できない場合は、延納の届出を行うことで納期限を伸長することができます。

ただし、延納制度を利用する場合は「納税額の1/2以上」を納めなければなりません。なお、延納期間中は一定の利子税がかかるため、予めご注意ください。

東京で税理士事務所をお探しなら、渋谷区にある当事務所へご相談ください。当事務所では、確定申告・税務申告節税対策事業承継に関するご相談のほか、従業員採用時の社会保険加入に関するご相談も承っております。渋谷区の税理士事務所となっていますが、都内全域に対応いたしますので、東京で確定申告や節税対策のことなら、お気軽にご相談ください。