そもそも税理士とは?

税理士は個人や中小企業の税金に関するサポートを行っていますが、そもそも税理士にはどのような役割があるのでしょうか。税理士の主な業務内容についてご説明します。

税理士の業務内容

税理士の職務について規定された税理士法の第2条によると、税理士には次の3つの独占業務が与えられています。

税理士の業務内容
  • 税務代理業務
  • 税務書類の作成
  • 税務相談

法人税や所得税、相続税などの税務申告は基本的に自主申告制ですので、納税者が自ら計算して納めなければなりません。しかし、日本の税法には様々な事項が細かく定められており、その事項は頻繁に改正されます。税法の知識がない一般の方が納税すると、余分に納税してしまって損をしたり、逆に少なめに納税してペナルティを受けたりするおそれがあるのです。

そこで税金のプロフェッショナルである税理士が、納税者の代わりに税務申告を行ったり、税務署へ提出する書類の作成を行ったりしています。このことは納税者の負担を減らすだけでなく、国民の円滑な納税にも繋がるため、税理士は社会的に大きな役割を果たしているのです。

企業経営のサポート

企業経営のサポート

税務の専門家として経営者様の相談に応じることも、税理士にとっては重要な仕事です。

税理士は一般的に企業と顧問契約を結び、税務処理や経営についてのアドバイスを行っています。無駄な経費がないか税理士がチェックしたり、節税対策についてアドバイスしたりすることによって、企業の利益を大きく伸ばせる可能性があります。

企業の財政状態を把握している税理士が、経営者様の一番の相談相手となるケースも多く、税理士は企業の経営を陰ながらサポートしているのです。経営に関してお困りの際はぜひ一度、税理士へ相談されてはいかがでしょうか。

東京都内で税理士事務所をお探しなら、当事務所にご相談ください。業界最安値水準の月額顧問料、無料会計ソフトに強いといった、他社にはない特徴があります。確定申告や税務申告はもちろん、相続相談事業承継、助成金申請など様々な分野をサポートしております。いつでもお気軽にお問い合わせください。