相続対策するなら知っておきたいポイント

相続対策するなら知っておきたいポイント

早めの相続対策は、節税につながります。相続に関する税金をなるべく節税したいという方は、会計事務所または税理士事務所へご相談ください。

渋谷区の当事務所では、税理士による節税対策を行っております。お気軽にご相談ください。

相続税申告の期限

相続税の申告には期限があります。被相続人の死亡を知った翌日から換算して10ヶ月以内です。その間に必要な書類を一式揃え、申告することが求められます。

相続税の基礎控除額を増額する

相続税の基礎控除額を増額する

平成27年1月1日から相続税に関する法令が改正されました。大きな改正内容としては、基礎控除額の計算が厳しくなったことが挙げられます。現段階では、法定相続人1人に当たり600万の基礎控除額が増額されます。相続税を少しでも抑えたいという場合、法的相続人を増やす対策も有効です。
養子も法定相続人に含めることができるのですが、相続税対策としての利用防止のため人数制限があります。実子がいる場合は1人、実子がいない場合でも2人までとなっておりますので、対策を取る際には慎重に検討してください。

更地がある場合は…

遺産の中に更地が含まれる場合は、相続が発生する前の土地に建物を建てることで、相続税評価が下がります。特に賃貸マンションやアパート建設後に賃貸取引の実績があれば、税額効果が期待できます。詳しくは専門家に相談ください。

贈与として分割する方法

相続遺産を現金として準備できる場合は、長期的に贈与という形を取ることも可能です。その場合は、1回当たり110万を超えないように金額調整をすることで、贈与税の課税を逃れることができます。しかし、長期的に同額の贈与が同じ日に繰り返されている場合などは、定期贈与としてみなされてしまい課税対象となってしまう可能性があります。定期贈与としての課税対象を避けるためには、あらかじめ贈与契約書作成などの対策を講じておくといいでしょう。

相続対策は、上記以外にもいくつかの方法があります。当事務所は渋谷区にある会計事務所ですが、会計業務だけでなく税理業務も行っておりますので、相続税対策、税務申告に関する相談もぜひお気軽にお寄せください。会計事務所と税理事務所が得意とする社員採用時の社会保険、助成金、個人事業主様の確定申告など、幅広いサービスにてご利用をお待ちしております。