金庫株とは、その概要とメリット

金庫株とは、その概要とメリット

2

金庫株とは、企業が発行した自社株を買い戻して保有している株式のことです。勘定科目は「自己株式」です。以前は、自社株の買い戻しは自由にできず一定の目的に限定されていました。しかし、2001年の商法改正以降は取得目的・時期・回数に制限なく自由に買い戻して保有できます。なお、取得後、金庫に保管して保有し続けられることがあるため「金庫株」と呼ばれます。


金庫株で生じるメリット

市場に流通している株式を買い戻すことで生じるメリット、および金庫株を活用することで生まれるメリットとして以下があります。

  • 1株当たりの利益・ROE(株主資本利益率)が大きくなり、また株主への還元強化がしやすくなり株価下落の防止
  • 安定株主が増え企業買収に対する防衛策
  • 社員へ譲渡することによるモチベーションアップ
  • 退職金の退職金の支給原資
  • 株式交換によるM&A
  • 中小企業では後継者への経営権の集中や相続税の資金として事業承継・相続対策

会計上の処理

金庫株は一般の有価証券として処理し貸借対照表の「資産」に計上するのではなく、自己株式として処理し「純資産」に計上します。この処理を行う理由は、自己株式の取得が株主に対する出資の払い戻しになるため、一般的な有価証券として処理すると企業の財務状態の適正な表示にならず投資家の判断を誤らせるからです。

具体的な仕訳・帳簿額は、以下のように行います。

  1. 自己株式を取得した場合
    取得原価で自己株式勘定の「借方」に計上。なお、取得原価が高すぎても、低すぎても課税関係が生じるので適正な価額で取得することが必要です。
  2. 自己株式を消却・売却処分した場合
    1. 消却した場合
      資本積立金を減らす減資処理を行います。
    2. 売却した場合
      帳簿額との差額は資本積立金の増減させる増資または減資処理を行います。