「起業してみたいけど反対されるしどうしよう…」なんて思っている方に、いかに女性が起業に向いているのかをセンセイに解説していただきました。

登場人物の紹介 登場人物の紹介

アオイ

大手商社の受付として5年勤めたが、個人としての経験を積んでみたいと、3ヶ月前にフリーライターとして開業。大学の先輩にあたるタクヤに相談を持ちかけ、個人として必要なことを日々勉強中。

タクヤ

父の会社に勤めていたが、3年前に個人としてスタートし、1年前に法人化を果たした。経理に関する知識は一通り身についているが、まだまだ細かいことが分からないのでセンセイにお世話になっている。

センセイ

品川区にある会計事務所スタートラインで活躍する会計のエキスパート。またタクヤの顧問税理士でもある。今回はアオイとタクヤのために人肌脱ぐことになり、正確かつ迅速に受け答えを展開していく。

登場人物の紹介を見る

みなさん、今回は女性の起業についてご紹介します。


お、私のことだね!


そうです!「起業したいけど、私は女性だからやめておこう」と消極的な考えをお持ちの方はいらっしゃいませんか?


反対意見も多いだろうし、起業に踏み切るのは勇気がいるもんな。


はい、しかしその考えはいますぐ捨てましょう!


女性は男性より、繊細で周りに気がつく人が多いから、男性よりも起業に向いてたりもするんだよね!


はい!今回は女性が起業した際のメリット・デメリットを始め、陥りやすい失敗からオススメの起業アイデアまでをご紹介します!少しでも起業に興味のある女性の肩がいらっしゃったら、ぜひ活用してみてください!

女性起業の今

家電や保育施設の充実により女性の社会進出が進んでいる現在、「女性起業家の数はかつてより上向いているはずだ」と思われている方も多いのではないでしょうか?

しかしながら、女性起業家の数は年々減少する一方です。
それは、起業家自体の数が減っているせいでもありますが、何より女性の起業に対していいイメージを持っている人が少ないからです。

したがって、周りからは起業を阻止されるような意見をたくさんもらうことでしょう。
あなたを心配して起業を阻止する意見をくれる人もいますが、それを鵜呑みにはせずに検討するようにしましょう。

起業家の男女比

起業家の男女比については、表の起業家割合(男性)と起業家割合(女性)を確認すると、どの調査対象年も7:3程度で収まっています。しかし、女性の社会進出が叫ばれている現在において、起業家女性の割合が増えていないのは少し意外ですよね。

 

調査対象年起業家総数男性起業家数女性起業家数起業家割合(男性)起業家割合(女性)
2002年383,000264,653118,34769.1%30.9%
2007年346,000249,46696,53472.1%27.9%
2012年306,000217,87288,12871.2%28.8%

※中小企業庁 中小企業白書2017(平成29年8月2日更新分)

女性起業のメリット

女性起業のメリットといえば、女性ならではの能力を使い事業を行えることではないでしょうか?
女性ならではの能力は、以下の通りです。

  • 並列して作業をすることができる
  • コミュニティーでの過ごし方が上手

並列して作業することができる

女性はマルチタスクが得意で、男性はシングルタスクが得意という言葉を耳にしたことはありますか?マルチタスクとは、同時に複数の作業をこなすことができる能力のことです。
対して、シングルタスクとは同時に複数の作業ができません。

想像の通り、起業家の仕事は多忙を極めます。
多忙のため、マルチタスクは仕事を効率的に処理する上で魅力的な能力の1つです。

コミュニティーでの過ごし方が上手

女性は協調性があり、コミュニティーの過ごし方に優れています。起業家にとってコミュニティーは生命線の1つで、あらゆるコミュニティーに所属し、仕事を確保しなければなりません。したがって、コミュニティーの過ごし方が上手なことは、起業家にとって大きな武器になります。

また、新規営業行っても、女性ならではのイメージの柔らかさで、営業先に警戒されづらいところはありがたいですよね。

これは起業をしてからすごい思うね。女性は雰囲気が優しいから契約とか取りやすいんだよ!ずるい!


確かに、男の人は怖いって印象抱かれることあるもんね。


お客さんと直接話したり、取引先があるような事業にすると効果的ですね!

女性起業のデメリット

女性起業家のデメリットは以下の通りです。

  • 「女性は女性らしくあれ」という固定観念
  • 体力がない

「女性は女性らしくあれ」という固定観念

日本は男性社会です。そして、日本には、女性は女性らしくあれという固定観念が根強く残っています。つまり、仕事は男性がして、女性は家に入り家事をしなさいと言った考え方です。

今でこそ、このような固定観念は薄れてきていますが、それでも子供から大人まで脈々と受け継がれている考え方です。あなたの起業を阻止するのはこのような考え方を持っている人なので、十分注意をしましょう。

体力がない

起業では体力がものを言います。多忙を極める起業で最後に頼れるものはあなたの信念と体力のみです。体力については、起業前でも起業後でも向上させることが可能なので、常に意識するようにしましょう。

根性論を振りかざすスポ根漫画のようですが、体力のない人にとって、体力は仕事の邪魔をする要因であることは間違い無いので、十分気をつけてくださいね。

女性にオススメの起業アイデア5選

女性にオススメの起業アイデアをご紹介します。
採算の取りやすい、ネットを利用するアイデアを中心に紹介するので、ぜひ活用してくださいね。

ネットショップ

ネットショップはECサイトと呼ばれるところで解説し、ウェブ上で商品の売買をします。実店舗を用意しない分、土地代や家賃などの経費がかからないため採算が取りやすくなります。

ハンドメイド

ハンドメイド作品を作成し、それをメルカリなどを通して販売します。自然のものを拾い加工することで材料費0円の事業展開できるため儲けの出やすい商売になります。

子育てサロン

子育てサロンは0棹〜3歳までの未就学児とその親を対象としていて、地域の中でお互いを支え合う場です。保健師やボランティアも活発で、子育てをしたことのある女性にはオススメのアイデアです。

アフィリエイト

ネット上で進めた商品をサイト閲覧者に購入してもらうことで売り上げをあげるビジネス手法です。勧める商品が相手にどれほど有益かを伝える必要がある点で、女性の細やかさが活躍するはずです。

転売

他書で売っている商品を安く買い、他で高く売る商売です。
古物商許可証などの免許が必要ですが、単純な仕組みである分、やればやるだけ利益が上がります。地道に成果を出したい人に向いているアイデアですよ。

女性が陥りやすい失敗

一般的に女性が陥りやすい失敗をご紹介します。
「自分は決してこうはならない」という反面教師として利用してくださいね。

起業の計画を立てない

女性によっては、起業を軽くとらえてしまい、計画も立てずに行き当たりばったりで事業を始めることがあります。計画がない場合、毎日寝ずに仕事をするということにもなりかねません。体力があれば問題ないのですが、女性の場合は、体力に自信がある人はそうはいないでしょう。そのため、起業計画は大雑把でも構わないので立てるようにしましょう。

顧客のニーズを考えていない

綿密に立てた事業計画でも、売るものが顧客のニーズに合っていなければ企業が失敗に終わります。
女性に限ったことではありませんが、起業家は周りの意見を取り入れず独りよがりになってしまうことがよくあります。
そのようになってしまわないように、周りの意見はきちんと取り入れるようにしましょう。

女性の起業家は年々減少傾向にありますが、女性に起業が向いていないというわけではありません。


自分の欠点やデメリットになりそうな部分をしっかりと把握して、綿密な計画を立てていけば、育児や家事が忙しい主婦からの起業も決して不可能じゃないよ!


女性だからといって思考停止せずに起業についてもう一度検討してみるのがいいかもね!


そうですね、もし起業しようか迷ったら、税理士に相談してみるのもいいかもしれません

CONTACT

スタートラインに無料相談しませんか?

「税務について全然分からない。」
全然大丈夫です。いや、むしろ皆様最初はそうなんです。
私たちと一緒に財務に強い会社を作りませんか?

無料で相談する